SEO対策は、ネッ トビジネスをやる上で、必要不可欠な戦略であること分かっているかと思います。戦略としては非常に単純だし、時間はかかるものの、根気さえあれば誰でもマスターできるネット販促である。 しかし、SEO対策だけでは、売上には貢献してくれない。どんなに売れそうな検索キーワ ードを見つけて、そのキーワードで検索結果に苦労して上位表示させても、極端な売上アップには繋がらない可能性があります。SEOとはいえ、所詮は検索結果で上位表示されるホームページで しかないのである。それよりもさらに上位に表示されているキーワード広告の方が、明ら かにお客さんのレスポンスがいいし、検索エンジンの都合で上下に変動するSEOよりも、固定費を投入して、確定した場所をキーブし続けられるキーワード広告の方が、投資効率が計算できて、ネットビジネスには適している場合もあります。 検索エンジンの検索結果には、二種類の結果があります。ひとつは広告費を払って表示できるリスティング広告。これはクリックされたらお金が徴収される仕組みになっている。対して、お金を払わない人でも上位に表示できるのが SEOという枠である。 ページを見られる確率は、圧倒的に上位に表示されているキーワード広告のほうが高いかもしれません。 「でも、広告と分かっていたら誰もクリックなんかしないんじゃないのか。キーワード広告は絶対にクリックしない。いつも、 SEO の検索結果の方からクリックするよ」 そういう意見を言う人も実際には非常に多い。 しかし、現実はまったく逆 なのでもある。